今年もお世話になりました。




今年一年は言わずもがな、新型コロナウイルスによる疫病が蔓延し、今までの生活や常識が目に見えて変わった年でした。

働き方が変わったり、人によっては家にいる時間が長くなったことで、自分のことや家族のこと、将来のことを考えたり、今までの生活を見直した方も多かったことでしょう。

また、先の見えない自粛生活の中でストレスや不安、疲れから何かを恨んだり怒ったり、ネガティブな感情になってしまうこともあったと思います。

仏教では、自分の心を客観的に見つめて悩みや苦しみの原因に気づき、自分の感情をうまくコントロールして正しい道を選択することが「仏の心」であると説かれています。

辛いことや苦しいことあったときに、自分ではない何かのせいにしたり、その怒りをぶつけてしまったり。そんな時こそ、一呼吸おいて考え、物事を別の視点で捉えて自分を見つめることです。そうやって自分をコントロールしていくと自分の心が成長し、それに気付いた周りの人の心にも影響を与えているはずです。

新型コロナウイルスをはじめとする様々な問題によって私たちは今、これからどう生きていくかを考えさせられている気がしています。

これまでのことを反省し、これからは競争して物質的な豊かさを追い求めすぎるのではなく、共存して精神的な豊かさを求めていくことが必要なのではないでしょうか。

今年一年良かった人も悪かった人も、より良い新年を迎えられるよう祈念しております。明年も共に精進していきましょう。